ECサイトをWEB制作会社に発注する場合の費用感・注意点

自分でECサイトの構築をするのではなくWEB制作会社に発注する時のメリットからお話します。

まずは構築するための知識を学ぶ時間が不要になります。次にシステムが不安定で動かなくなったりするようなことはありません。決済の部分やデザイン、使い方の指導やサポートなどがしっかり受けることが可能です。

そしてデメリットです。初期費用なども含め、維持費が発生することもあります。

ECサイトでネットショップをするのであれば、実店舗による土地や人的資源に掛かる費用と比べれば格段に安いと言えるでしょう。

そして既に実店舗がある場合であれば、普段から来てくれる顧客に対し新しくネットでも買えますよと伝えることで、顧客が来れない時でも売上を作ることが可能となります。

注意点としては既に商品や売上、顧客や物の流れがあるのか。それとも何もない状態から始めるのか。

それによって変わりますが、既に店舗があるのであれば、ECサイトを運営するにあたり、例えば店長さんですとか、販売員さんがそれらを操作するとします。

すると今までなかった作業が増える訳ですし、覚えなければならないこともあります。あとはネットショップでは買うけど、その後に今まで来た顧客が来なくなるという要素もあります。

しかし、これは少ないと断言できます。お店で買うことと、ネットショップで買うことでは、買い物が好きな人から見れば全然別物だからです。

買う買わないではなく、お店の人と話すのも楽しみ。そういう大切な顧客であれば、逆に時間がなくてお店に行けない時などに利用してくれるでしょう。

費用感にしても、お店の商品数や規模、ブランドのイメージなどで変わります。それは個人で少し売るのと、ブランドとしてネットショップで売るのでは信用度が変わってくるからです。買おうと思ったのに買えない。

それは顧客離れを作り出します。そう考えますとある程度売上があり、軌道に乗っている状態であればWEB製作会社に依頼することが吉であると言えます。

逆に、これから始める。資金はそれなにあるにせよ節約したいとなれば、自分で学び、構築できるようになった方がお得ということになります。

働いていると学ぶ、勉強する時間が少ないことに気付きます。小さな個人商店で、ECサイトを扱いきれずに、費用ばかり増え、商品が売れないなんてこともあります。

それはWEB制作会社に依頼して作成しても、ページを見るかどうか、買うかどうかは顧客次第だからです。

ただ、ネットショップが欲しいくらいの気持ちですと、アクセスがないことに辛くなってしまいますから、SEO対策も含めて対応してくれる会社さんを探すようにしましょうね。