ECサイトを自分で作る場合の費用感・注意点

ネットショップを自分で持ちたい。

そうなりますとただ、ホームページを持つこととは意味合いがかなり変わってきます。便利なツールを使ったとしても、表現したり、コンテンツを作ったりするだけではないということですね。

ネットショップの機能をきちんと理解し使いこなせるようにする。そして自分で作るとなればオープンソースのソフトウェアを利用して、ドメインを取得、レンタルサーバーを契約する。これらも簡単に出来るかというと、やはり時間と知識が必要です。

困ったことに、それなりに見えてしまうものは、初めて作ろうとする方でも可能な場合があります。

しかし、見た目だけで来ても、実際にECサイトの運営となりますと、商品の在庫管理や梱包に発送。領収証や送り状の作成など、作業的に多岐に渡ります。

もし、ECサイトの構築と、ネットショップの開始が同時であり、これから始まる場合だとします。

それなら入念に準備をし、下調べだけでなくテスト環境として自分で購入したり、友人に買ってもらったりして、自分で本稼働のテストが出来ます。

しかし、既に何か始めていて、その事業か行動などにプラスするとなれば、新しく覚えること、学ばなければならないこと。場合によっては月々に掛かるサーバー代や、運営に対しての時間など、様々な形で負担に感じてしまうことがあります。

もちろん、マイナスばかりに考えることはありません。

メリットとしては実店舗がなくても販売が出来ること。販売員などの人的資源がいらないこと。そして何よりも365日24時間いつでもお店を開けておけることです。

そして自分で構築できたとすれば、ECサイトを構築してくれるサービスよりも安く済むでしょう。

そしてそこが検討する点となります。構築を任せることでサポートだけでなく、マニュアルや使い方に対する指導など、細かく聞くことが出来ます。

何よりもわからないことを調べる時間、何かを覚える為の時間。そして動かなくなった時に不安感は無くなります。

それらを天秤に掛けると、多少の値段については商品を売ることでペイするくらいの気持ちで、自分自身ではなく、有料のサービスを用いてサポートするほうが効率的でもあります。

費用的には900円〜5000円くらいの間で、サービスや必要とする機能によって金額が変わります。

既に知識があり、ドメインやサーバーなども自由自在ということであれば、オープンソースで大丈夫でしょう。

こうしたオープンソースの知識とは不思議なもので、知識を有しながらネットショップも開ける人は意外と少ないです。

もしご自身で出来るようになれば将来的にもコストがぐんと下がりますので、時間がある時にしっかり学ぶことは大変おすすめですよ。

もし学ぶのであればプログラミングスクールがおすすめです。

AIも学べる!Pythonでオススメのプログラミングスクール9選というサイトのページが探しやすいですよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。