EC CUBEとは

ECサイトを無料で構築できるオープンソースのソフトウェアです。

商用や個人、どんなECサイトを作りたいかによって様々な形で選択肢がたくさんあります。有料となる部分はプラグインと、EC CUBEを構築するためのサーバーとドメインの費用ですね。

無料で利用できるプラグインもたくさんあるようなので、ちょっとしたお店づくりや、実店舗などで、チラシや名刺などを渡す時にQRコードなどを付けたりするのに最適です。

通常のホームページもそうですが、あるなしで言えばあったほうが良いです。

それは信頼性が増しますし、何よりもお店に居ない時に見てもらうことで、もっと好きになってもらうことが可能だからです。

同じオープンソースのソフトウェアとしてワードプレスというものがあり、そちらはブログに特化したシステム、EC CUBEはECサイトを構築するのに特化したシステム。ある程度の勉強、知識は必要ですが、何もないゼロから作るよりはコスト的にも魅力的でしょう。

こういったオープンソースのソフトウェアの良さは情報量が多いことがあげられます。使う人が増えれば増えるほどFAQなどを取り扱うページも増えるんですね。

自分がわからなかったことを、わかった時にブログなどにしておくことはとても大切です。それがインターネットでの情報の共有であり、人類の財産であるからです。

オープンソースのソフトウェアを使う時に一番のデメリットとなるのが、サポートです。お金を払って構築するのと違い、自己責任に近いこと、そして誰に聞いたら良いのかわからないことがあげられます。

でも、それは無料だからしょうがない、と思うのではなく、自分でわからなことを調べられるようになる良い機会だと考えてください。

同時にそれがメリットでもあります。自分でわからないことを学び、調べて、知識や経験とする。これらはインターネット上でEC CUBEを使ったネットショプを使う上で、そして様々な顧客・ユーザーに対応するためにも必須の項目でもあります。

わからないだけではなく、わからないときにどうすれば良いか。そしてわからないままになりそうな時にどうすれば良いか。そういう意味でも、最初にどこまで出来るかは別として、こうしたオープンソースのものを利用するのは良いことだと感じます。

もちろん、個人ではなく既に店舗がある方であれば、逆にオープンソースではなく、しっかりとサポートのある有料のECサイトを構築する会社さんにお願いすることも検討するべきですね。

それは覚えたり、使いこなすための時間などが、実際に販売する業務に影響が出てはならないからです。人的資源のことも考えながら、オープンソースにするか、有料でしっかりとしたところに頼むかを見極めましょう。