ECサイトとは

エレクトロニックコマースの略です。電子商取引が可能なサイトという意味ですね。アマゾンや楽天、その他のネットショッピングが出来るサイトということになります。

最近ではブランドや個人商店でもECサイト化が進み、個人が趣味で作ったものなどを気軽に自分のホームページで売ることができるようになりました。

主にECサイトを運営する上で必要なのは商品かサービス、そして物理的なものであれば配送や決済ですね。元々の通販などのように払込用紙などを使うものもあれば、クレジットカードや銀行決済など様々なもので支払いも可能となっております。

インターネット上のホームページをECサイト化するメリットはとてもたくさんあります。それは純粋に購買力がアップする可能性があるということ。データの集まりであるインターネットと実商品の結びつきを強くすることが可能です。

一方でデメリットとしては実際に触れないという部分もあります。服や靴ですと返品、その他のものでも購入時に予想していたのと違ったということもあります。

そしてECサイトを運営するということは、大きな企業でなければ梱包や配送なども自分で行わなければならない。領収書や請求書などの書類についても同様です。商品を卸売するだけではないということですね。

それ以外であればやはりメリットが目立つように感じます。365日24時間いつでもユーザーが好きな時に閲覧することができ、画面の目の前にどんな商品があるのかを陳列することが可能なのです。

上手な人であれば、ご自宅でハンドメイドで一日好きなことをして、それらを売る。それも注文を受けてから作成するようにすれば無駄がない。そんなスタイルの人もいらっしゃいます。

3Dプリンタなどで作成し、販売する方も増えてます。どれも世界に一つしかないというユーザーがとても喜ぶものを提供できるECサイトであると言えますね。

その他であれば、古い老舗などで、店頭などでしか販売できなかったものや、単純にフリーマーケットのように中古品を売ったりする人もいます。

そして画像を作ったり、写真を加工したり、技術を販売している人もいます。

ECサイトは工夫次第でどんなものでも商品・サービスとして販売できる素晴らしいアイデアだということが理解できますね。

少し勉強すれば個人の方で、ある程度無料でも利用できるようになりますから、考えてみる価値は十分にあると思いますよ。